top of page

​「社会教育」誌

​社会をつくる学びを提案する

一般財団法人日本青年館が発行している生涯学習社会の学術総合情報誌です。

毎月1回発行していいます。

 定期購読などのお申し込みは下記へお願いします。

編集の理念】
 GHQにより、戦後の民主主義国家の創造のため、成人向けに、平和憲法の仕組み、PTAの仕組みなどを広く衆知するため、1946年7月「社会と教育」というタイトルで創刊されました。

 その後、1950年に「社会教育」に改題、高度成長の中、「青少年の生き方」や戦後の民主主義とは何か、市民の教養教育(シナリオ、映画等)、など自由と民主主義の原則に基づく「新しい人間形成」に向けた編集を行ってきました。

 その後、都市かがすすみ、オイルショック後、臨時教育審議会(1980年代)を経て、1990生涯学習振興法が制定され、生涯学習をテーマに編集を行っています。

【編集の方向性】
 21世紀の人のライフステージを考えるがテーマ。
 「少子高齢社会化」「情報化(IT)」「国際化」「環境」などがこれからのテーマとして、クローズアップされています。
 最新の動向は編集部取材の「クローズアップ」のコーナーで紹介。地域の中の学校、新たな地域コミュニティを支える人材を支援するメディアをめざします。

公式サイトはこちら 

nowmoons.jpg
bottom of page